New Entries

このごろ思うこと

FROM:遠藤祐樹

ただいまテスト対策の真っ最中。

中高生からの大量の質問に答えているだけで一日が光のごとく過ぎていきます。

さて、そんな質問の嵐に対処している中で改めて実感したことなのですが、

今の中高生は言葉の知識が足りていないな、と。

具体的に言うと、

名取教室で中3の女子が私に質問してきました。

「先生、”ストライキ”って何ですか?」

女子がやっていたのは歴史でしたが、「ストライキ」の意味が分からなくて、教科書やワークの説明を読んでもピンと来ていない様子でした。

「労働の条件を改善してほしくて、働くことを一時的に放棄すること」と説明すると、

「一時的?」と、今度はそこが腑に落ちない模様。

「うーんとね…」と今度はもっと単語のレベルを落として説明してあげると、

「あー、なるほど!わかった、ありがとうございます!」とスッキリしたような表情を浮かべました。

またある時は高校生から数学の質問。

「先生、”排反”って何?”同様に確からしい”ってどういうこと!?これって数学ですよね?もう意味ワカンナーイ」と感情むき出しで私に食ってかかってきました。

「まあまあ落ち着いて…」となだめながら、数学を教える前に言葉の意味を教えることに。ふう…

高校生に関して言えば、日本史教えて、世界史教えて、現社教えてと社会系科目の質問を多く受けます。

いくら知性あふれる私でも、すべてに精通しているわけではないので、

「教科書読めばわかるでしょ」と言うと、「全然分からない」と一蹴。

じゃあ、しょうがない、一緒に読んでやるかと、1ページを二人で読むと、一つ一つの単語で立ち止まり、「これってどういう意味ですか?」という質問がくる。

結局のところ、言葉が理解できていないために、勉強がストップしてしまうんですね。

これでは一人で勉強するのはキツイだろうなあ。

将棋界の新星・藤井聡太四段がインタビューで、「望外」や「僥倖」といった中学生とは思えない言葉を口にしたことが、ニュースなどで取り上げられていますが、

なるほど、やはり「言葉こそ知性」だな。

そう思う、今日このごろでした。

**************************

CIMG0827.jpg

↑23:00過ぎまで自習していく中3の4名。がんばれ!!


 

テスト勉強に大忙し

「ほう、お前たちも大したものだなァ」

私は中1男子2人を手放しで褒めました。

IMG_1289.jpg

あのときから毎日、ずっと続いています。

英語の教科書の本文ノート書き取り。

あのブログを書いたのが5/17だから、もう1か月になるのか…。

月曜から土曜まで、毎日毎日コツコツとまあ…。エライ!

この日は教室に人が入りきらなかったので、入り口のソファで書き取り訓練。

最初は1時間かかった書き取りも今は15分ほどで終わります。進歩したね。

**************

中学生、高校生のテスト勉強対応でなかなかこちらを書くヒマがありません。

ということで写真を…

CIMG0808.jpg

CIMG0810.jpg

CIMG0806.jpg

CIMG0807.jpg

私は高校数学を、医学部の大槻先生は生物の質問に対応中↓

CIMG0799.jpg

「ノート、横に置いたら?
問題集の上に、二つ折りにしてたら書きにくいだろ」

「この方が問題に近くていいんです」

CIMG0801.jpg

「この絵はあなたが書いたの?」

「ハイ、そうすれば覚えるかなぁと思って」

CIMG0803.jpg

「フロイト、フロイト、フロイト…
モラトリアム、モラトリアム、モラトリアム…ってさぁ…それは意味ないんじゃ…」

「そうしないと覚えられないんです!」

CIMG0804.jpg

今日も14時から深夜まで。

明日の日曜も朝10時から教室を開放しています。

夏期講習のお問い合わせが来ていますが、ただいまテスト勉強の指導で手一杯。近日中には!

 

早めの対策

FROM:遠藤祐樹

水曜日

中2集団クラスでは試験範囲をすでに終えたので、この日はまずある中学校の数学過去問を解いてもらいました。

CIMG0762.jpg

実際に出題されている問題ですから、生徒らも自然と力が入るようでみな真剣。

回答終了後、丸付けをしてみると出来はみな8割ほどでした。

う~ん、物足りない。。

みんな基礎計算はしっかりとできているけど、「式による説明」がイマイチ。

数学の証明問題は、これから図形分野で嫌というほど出てくるし、

苦手意識を持ってしまう生徒が少なくない。

というわけで、その部分を重点的に解説し、

CIMG0767.jpg

それだけでは、絶対的に量が足りないので、似たような問題を10題ほど宿題に追加。中総体も間近で時間がないようだけど、ここが踏ん張りどころ!

**************************

授業後半は、各学校ごとで範囲が違うので個人レッスン。

CIMG0759.jpg

↑繰り返し演習するために、裏紙に問題を解いています。すごい大事!

CIMG0760.jpg

「先生、範囲出たんですけど…」

男子生徒が範囲表を持ってきてくれました。

「おっ、出たか!どれどれ…あれ、この理科…1年の範囲も出てるね?」

「いや~そうなんですよ~。オレ絶対忘れてるから、ヤバイかもです」

「よし!じゃあ、ちょっと待ってろ。今プリント用意してやるから!」

「マジっすか!?ありがとうございます!!」

「そっちはもう範囲出た?」違う生徒に尋ねると、

「まだです」との返答。

「一年の範囲は出るかもしんない?」

「いや~、出ないけどちょっと理科の計算が分かんない」と女子生徒。

「あ、俺も!」と違う中学校の男子がこれに追随。

「じゃあ、そこは一緒に解説しようか!テキスト開いてー」

と、化学変化の計算問題を基礎からちょっとした応用までを解説しました。

6月中旬から順次、今年度最初の定期試験が始まりますが、

中2の勉強が少しずつ難しくなってきています。分からないところは早いうちに手を打っておきたいところですね!

 

高校生と

今日は高校生13人。

みんな今月のテスト勉強で、数学や物理や英語の質問が多数きました。

CIMG0763.jpg

中学生も何人かテスト勉強の自習に。

我々の手が空いたときには質問にも答えていきます。

CIMG0771.jpg

高校生からの質問はどの科目のどの辺が飛んでくるか分からない上、あちこちで手が上がるのでどの問題にも即答できなければいけません。

正直、メチャクチャ頭を使うので途中から頭がボーッとしてきました。。。このまま脳ナントカで倒れるんじゃなかろうか。

CIMG0769.jpg

そんな中イヤになったのか、「もう物理はいいや」とテキストをしまう女子が。

「おいおい、それはダメでしょ」
「いいの。だって学校のワークから丸ごと出すって言ってたからそれを丸暗記すれば」

「はあ?物理でそれはねえだろ!」
「ホントだよ、先生がそう言ってたもん」
「ホントに?二華で?…田舎の中学校みたいだな…」

あきれてため息をついていると、後ろの席から一高二高野球定期戦の話が。

「おお!そういえば一高勝ったんだよな」

テレビのニュースで結果を聞いていたので話に混ざると生徒たちは言いました。

一高生「二高は応援の生徒がメッチャ少なかったなぁ」

二高生「私は行ったけど、みんな応援に行かないで勉強してたんでしょ」

一高生「そうらしいね」

え!?ウソ!はあ????

ちょっと意味が分からない。。。

だってアピール行進もしたし、あんなに応援練習やったんでしょ?

それを休むの?休んでいいの?定期戦は伝統行事だろ?それをナニ?勉強~?

そういえばこないだは学院中の男子が言っていた。

なんでも学校の先生が、部活はやらなくていいから暇があったら勉強しなさいと言っていたと。

はあ~~~…いつからこんなニッポンになってしまったんだ。

「だから二高はダメなんだ!」

ガッカリしてため息交じりに言うと、一高3年男子が同じセリフを口にして大笑い。

いや~…

平均評定4.8以上のインテリの考えていることはよく分かりませんがね…

勉強に関係ないモノはやる意味がないと思っている人がいたら、、、それは違うよと言いたいなぁ

 

もし100じゃなかったら…

中3↓
こちらは遠藤クン担当。

次の定期試験の範囲を、少人数で丁寧に見て周ります。

CIMG0747.jpg

一方こちら↓はテスト範囲の勉強はほぼ終了。

なので今日は英数の実戦形式のプリントを実施しました。

CIMG0749.jpg

最初にやった英語の小テスト、いざ解答の段になると、

「あ~過去形だった!」
「複数のsを忘れた~!」

など、生徒から悲鳴が。

ふ~む…甘い…まだまだ甘い…

「受動態でミスる人はどこで間違うんだっけ!」

私はもう何回も言ったことを間違えた生徒らに聞いていきました。

「はい、be動詞です」

「受動態でミスする奴は!」
「be動詞です」

「受動態で最も多い間違いはどこか!」
「はい、be動詞です」

「もう何回やったろう!
…お前たちね、精神的に幼稚なんだよ。
『bringの過去分詞はbroughtだよな…』とそんなところにばっかり目がいってる。

そんなものはね…誰でも書けんだよ。だから肝心かなめのbe動詞でフッと力が抜けてやられるんだ。

まったくね、幼稚すぎんの、お前たちは…」

私がガッカリして言ってるのに、なぜかあたりは「幼稚」という言葉にクスクス。

(う~む…これではいけない。
こやつらの『甘さ』はどうしたら取れるんだろう。)

私は数学の過去問を渡しながら言いました。

「さあ、今度は数学だ。本番のつもりでやるように。

こんなものは100点を取って当然!

そこでッ!

100以外にはペナルティを課そうと思う!」

生徒に真剣になってもらいたいために怖い顔を作ってこういうと、ええ~!っと辺りから悲鳴が。

「うるさいッ!25分で解けよ!さあ始め!」

厳しい号令に、パッと集中して問題に取りかかる生徒。

私はその間に100点じゃない場合のペナルティの内容をホワイトボードに書いていきました。

CIMG0748.jpg

すると、こちらが気になってチラッと顔を上げた生徒からクスクスと笑いがもれ始め、やがて教室全体がゲラゲラ…

「おい!ホントにやってもらうからね!さあ、やるんだッ!」

**************

結局100点、98点が一人ずつで、あとは80、70台がぞろぞろ。

私は字が汚いのもバツにします↓

え?と目を丸くする生徒に、「読めん!」と檄を飛ばす。

CIMG0754.jpg

校内試験まであと2週間ほど。

もっと精度を上げてかないとな…。