小学生の授業

小学生のお問い合わせが増えてまいりました!授業の様子をちょっとご紹介しまーす!

まず、指導形態は先生の目が行き届くようにごく少人数に絞ってやっています。

この日の生徒は2人でした。

CIMG0329.jpg

当教室にお問い合わせいただく小学生の保護者様のご意見ご要望で、最も多いのが以下の内容。

・学校のテストは毎回取れる。

・だからなのか、勉強は特にやんなくてもいいと思っている。

・でも、今のうちに何かしら学習の習慣づけをしておきたい。

*******************

はい、全く同感です。では何をやらせるかとなりますが…

よくあるのは算数や英語の先取り。

英検○級を持っているとか、連立方程式や因数分解までできる小学生の話をよく耳にします。

一方、中学受験(受検)のある生徒は、その対策テキストを演習して学習内容を深堀りすることになるでしょうか。

まあ受験生はそれでいいとして、ポイントは他の非受験生。

せっかくの学習時間を使って因数分解まで教え込むのはどうかなという思いがあります。

じゃあ当教室では何を?となりますが、ウチでは好奇心旺盛な小学生のために以下の内容を指導しています。

*******************

・メインは国語・算数。宿題→授業という流れになります。

・ほかに、高学年には理科・社会も。(宿題になります)

・英語は進級式音声教材を使用。基本分の書き取りが宿題に。

・今のうちに語い力をつけたいので、「ことば」の学習を宿題に。

・思考力をつけたいので、「算数ラボ」=楽しく考える教材を宿題に。

・表現力をつけたいので、「作文トレーニング」を宿題に。

漢字練習も考えながら。宿題です。

・受検を考える人には受検用テキストを。宿題→授業となります。

と、やることがてんこ盛り。
ただし、これを全部やるわけではなく、時間内にできることを取捨選択して(保護者面談にて相談、決定の上)進めていくことになります。

*******************

下は、この日の小5女子(週1回)の宿題メニュー。

定番の国算理社に英語、算数ラボを加えたものです。

CIMG0333.jpg

下は同じくこの日の小5男子(週2回)の宿題メニュー。

受検用の文系・理系テキストをやる日に、「ことば」と「作文」「漢字」もミックスし、

もう一日に国算理社を行っています。

CIMG0332.jpg

結構な宿題量ですが、よく頑張ってきちんとこなしてくるのは立派。

*******************

以上、こんな感じで授業をやっていますが、冒頭でも申し上げた通り、かなり手がかかるので一日に見られる生徒数に限りがあります。

また、ただ今生徒が定員に達しており、空きはほぼない状況です。ご紹介しておきながらスイマセン…。

※当教室や名取教室に大変興味をお持ちの方に限り、お問い合わせやご相談を受け付けしております。