インプット型勉強

前回と前々回のブログで、

トップを取るにはどうすれば①
トップを取るにはどうすれば②

という話をしましたが、なんで五橋に名取の話を書いたかというと、中3冬期講習でこの話を生徒らに語ったからです。

そうしたらインプットの大事さを分かってくれたようで、年末年始の休み5日間の間に社会のポイントまとめをガッチリやってきてくれた人が現れました。

CIMG0437.jpg


さらに先日、自習していたほかの中3男子の様子を見に行くと、机に自作の歴史年表が広げてあってビックリ!

CIMG0454.jpg

しかも私が指示した通りに日本と世界を対比させて。

いや~立派立派!と見ていたら、結構な大作っぽい。

そこで彼から一旦お借りしてソファに並べてみると…さらにビックリ。

CIMG0453.jpg

「ずいぶんな量だね。お見事!」
「いやあ…」

「これで歴史はバッチリだな」
「ええ、かなり頭に入りましたけど…」

「けど?」
「これ、三高の理数科に関係ないんじゃないかって(笑)」

「関係ある!
高校に行ったら理数系は文系科目の出来が勝敗を分けるんだよ。逆に文系は数学の出来がカギでね。だから損はないよ!」