合格おめでとう!

今日は高校入試前期試験の合格発表。

昨年夏からずっと、前期に向けて通常授業以外にも「小論文対策」を重ねてきた3人の結果が朝から気になっていました。

CIMG0457.jpg

午後4時過ぎ―
まずは二華高を受けた女子がそっと教室入り。。

この子は数学ができないけど、いつも分からないところを解決するために早く教室に来たり、夜に残ったりして必ず質問していくところが偉い。

⇒過去ブログ参照。「自習が多くなってきた

しかし、「理解できた!」と「自分で解ける!」は別モノです。

どうだったんだろう……
前期の倍率は2.2倍だからな……
しかも教室に入ってくる様子が静か過ぎる……
これはもしかして……

なんてことを思いながら小声で結果を聞くと、
「受かってました」とポツリ。

「え~!そうなの~~!いや~心臓に悪い!
そういうのはもっと弾んだ声で言ってほしいなァ~!」

********************

午後5時―

三高理数科を受けた男子と一高を受けた男子がやって来ました。

冬期講習中に、「小論文のためにも理社のバックボーンをしっかりさせておかないと!」と言ったら、二人とも私の期待以上に理社の要点整理をしてくるほど、ストイックな性格です。

⇒過去ブログ参照。「インプット型勉強法

さて、この2人、
表情を見る限りではこちらも受かったかどうかよく分かりません。

「あの…結果は…どう…だったのかな?」

恐る恐る聞くと2人とも合格とのことで驚き!

「なんでもっと喜んで入ってこないんだよっ!
いや~合格おめでとう!」