模試のあとには必ずね

8/25(木)

この日は中3の授業。エアコンが壊れて暑いのなんの!
ごめん、Yシャツ脱ぎます!

CIMG0267.jpg

この日、教室にみや模試が返されたので生徒に返却。

ほとんどの人が上がっている中、

「うわ~絶対下がってる…」と苦笑いを浮かべる男子と、
「ヤダ、見たくない…」と模試を両手でブロックする女子は、確かに下がっていました。

私はその二人に向けるつもりで、全体に向かって言いました。

「はい、ちょっと聞いて!

模試はさ!

偏差値がどうだろうが、判定がどうだろうがどうだっていいの。

何が大事って、復習だよ復習!」

私がアツく語っていたそのとき、三浪して医学部に入った講師がたまたま教室に入ってきたので聞きました。

「あ、K君!ちょっといい?
模試って何が一番大事?」

すると彼は即座に答えました。「復習です」

「偏差値とか判定は?」

「ああ、偏差値ですか。
まあ確かにそれが気になる気持ちは分かりますが…
でも復習しなかったら模試を受ける意味はないです」

おお!よう言うた!苦しゅうないぞ!

私は生徒に向き直って言いました。

「ほうら、聞いた?
これが12月や1月なら偏差値も重要だけどね。
今の時期はハッキリ言ってどうだっていいんだ」

みんな私の目を見てうなずいている中、一人、さっきの女子がやや暗い顔をしているのが見えました。

「おいおい、何?これを親に見せたら怒られるワケ?」
その女子に問うと、首をかしげながら苦笑い。

「見せたくないの?」
再度問うと、コクンとうなずく。

「フフ、それはダメだ。
だからさ、ハイこれ模試!といってまず渡す。

そして親が『ん?この社会なに?』と口をはさんで来たら…

サッと模試を取り上げてこう言うんだ。

『お母さん、今からすぐ復習したいから返して。
工藤先生が言ってたよ、偏差値はどーでもいい、模試は復習が命だ』ってね」

失笑する女子。イヤイヤホント…間違いの解き直しを絶対やってくれよ!